プロフィール

そらじろう

登録 2019年7月1日

明細数 123 明細

おとなりさん 0 人

RSS

スポンサーサイト

カレンダー

  7月 次月
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

月間アーカイブ

2019年7月

2019/7/28

親の言うことを聞かなかった結果。

 

下の子。友達にクワガタをもらったと、うれしくて自転車にのってお友達に見せに行きました。

 

お友達の家に行って間もなく。

わんわん泣きながら帰ってきました。

どうしたの?と慌てて玄関に行くと、体中びしょ濡れで腕や足を怪我して泣いています。

 

子)川に落ちたー絵文字

母)えぇぇぇ?!どこの川に落ちたの?

子)うぇぇぇん絵文字

そこの川~。(うちのすぐ近くに川底から川べりまで2メートルほどある川です)

クワガタと虫かごは自分で持って上がれたんだけど、自転車がぁぁぁ絵文字

母)は?自転車ごと落ちたの?!

子)うん絵文字

母)痛いところはどこ?どこ怪我したの?

子)ココとここが痛い~。(腕と足と胸と腰に大きな擦り傷と内出血)

骨は折れてなさそう、頭も打ってないとのこと。歩いて帰ってきて、こんだけしゃべってたら大丈夫か?!

ととりあえず自転車の救出に向かう。

川べりを歩いていくが、自転車がない。

途中、お友達のお母さんがうちの子が川に落ちたと聞いて、慌てて出てきてくれていた。

お友達に聞くと、もっと向こうに自転車が落ちているという。

自宅から1キロくらい離れたところの川底に自転車がありました。

生活用水も流れてそうな、あまりきれいではない川にじゃぶじゃぶと入り(といっても、水位は足首よりちょい上)

自転車を救出。お友達のお母さんが引き上げてくれました。

家にいたはずの本人は、お友達の自転車にのって現場に先回りしているし!

 

川の片方は道路でガードレールがあります。反対側は用水路と家や田んぼがあり、

広いところで1.5m、狭いところで1.2mほどの岸があるんです。そこは人が通る場所ではありません

というように一応ガードがあるんだけれど、人も自転車も通ろうと思えば通れるようになっていました。

そこは、危ないので絶対入らないように。川に落ちたらけがをすると何度も言ってた道。

 

どうしてこんな状況になったのかを聞くと、

お友達がそこを通るからついてきてといったらしく、その子についていこうとしたところ

道が悪くハンドルを取られて落ちたそうです。

これくらいの擦り傷や打ち身で済んだけど、一歩間違えば死んでしまうんだよということを

きつくきつく叱りました。

以前に同じように自転車で通ろうとしたおばあちゃが、自転車ごと川に落ちてなくなったことがあるらしいです。

ほんと、怖い怖い。

また、親があれほどだめだといったことを、お友達に誘われたからやったということは良くない。

良くないことを誘われても断る勇気を持つようにと、これもきつく叱りました。

 

命があってよかったと、心底思いましたし

子供は思いもよらぬことをすると実感。

ちなみに自転車は、付属品の部品がボロボロ壊れて、部品は川底でなくなってしまっているようです。

買い替えてくれるか?と聞かれたので、買い替えるわけがない!まだローン終わってないし!!

と鬼の形相を見せておきました。

 

ホント、お母さんは心が休まりません。

コメント登録

名前

コメント

最近の記事